チームでのデバッグ・試運転の業務に関して

弊社は電気設計・制御を主な業務としております。
設備メーカー殿から受託した設計・制御を行なっています。
その際、メーカー殿は現場に入られた際、複数人で装置のデバッグ・試運転をされているのを良く見掛けます。
しかし、弊社のような制御を請け負った業者で複数の設計者でデバッグ・立ち上げをやっている企業は非常に稀だと思います。

この状況を鑑み、弊社では装置のデバッグ・立ち上げに関して、複数名での対応を基本にしました。
装置が大きくなればなるほど、効率も良くなると考えています。

弊社としては、最低2名での対応を実施するようにしました。
また、弊社現場用PCを専用のネットワークで繋ぎ、弊社本社からも現場PCにアクセス出来るようなシステムを運用しています。
これにより現場でのトラブルが、

   
現場だけではなく本社でも共有出来、素早い問題の解決に貢献します。


遠隔での作業に関しては、弊社現場PCと弊社本社を繋ぐ物であり、現場の会社様のネットワークを拝借する事はありません。
そのため、セキュリティへの問題も発生しません。

※設備の大小等で1名での対応で問題がない場合は、おっしゃって頂ければ1名での対応も可能です。

ページの先頭へ